婚約指輪とは

婚約指輪は結婚の約束をした時、基本的に男性から女性に贈る指輪です。婚約が成立した証(あかし)とも言われています。

この習慣は欧米諸国からの影響のようです。この習慣は古く古代ローマ時代から、あったようで男性からのとぎれることのない保護を意味するものと言われています。指輪が丸くなっているのも、とぎれることのないという事を意味しているようです。また、婚約指輪は魔除けになるとも言われてきました。16世紀エリザベス1世の時代のイギリスでは、婚約指輪は右手にはめ、結婚式になったら左手にはめ直したそうです。このことから、その時代は婚約指輪も結婚指輪も同一だったと思われます。

婚約指輪に使われる宝石は欧米諸国では古くから、ダイヤ、サファイヤ、ルビー、エメラルド等の誕生石でした。こういった宝石を贈る習慣は古くからあったようで、魔除けになり、幸運をもたらすというヨーロッパの言い伝えが信じられてきたためではないかと言われています。現在の日本ではダイヤモンドの婚約指輪が人気です。ダイヤモンドは宝石の中では一番透明度が高くて硬く、愛の固さを意味しているのではないかと言われています。

婚約指輪は、プロポーズの後に男性から女性に贈ると言う習慣が現在の日本に定着しているようで、プロポーズ後にお二人そろって買いに行くと言うケースもよくあるようです。いずれにしましても、お給料の何か月分とも言われる高価なものですから、慎重に大切に選びたいものです。前述しましたようにダイヤモンドが定番ですが、最近はパールや誕生石等も好まれるようです。当サイトはこういった婚約指輪購入をお考えの方にお役に立つよう、婚約指輪の相場、選ぶポイント、婚約指輪のメリットについてお伝え致します。ご参考になさって下さい。