婚約指輪のメリット

婚約指輪のメリットってあるのでしょうか。最近は婚約指輪を買わずに結婚指輪のみというカップルも出てきているようです。

まずは男性側から見たメリットをご紹介いたしましょう。「彼女が喜んでくれる」というのが最大のメリットのようです。その他に「区切りとけじめをつけられる」「結婚の実感を持てた」「想いを形にできた」「他の男性から守れた」ということがあります。男性なりの女性に対する様々な愛の形と言えるでしょう。女性側からしますと、「一生の思い出になった」「愛を実感できた」「心強くなった」「後々、見ては恋人時代を思い出せる」などというメリットがあるようです。婚約指輪は予算的に厳しいと言う人もおられるようですが、このように大きなメリットがあります。

人それぞれの予算を考えて後々のお二人の思い出になる素敵な婚約指輪を購入することは、愛のメリットともなるでしょう。いつまでも、この気持ちを忘れずにいることがこれから長く続くであろう結婚生活の幸せを味わえる原点ともなります。男性はざっくばらんに女性に話してお二人で婚約指輪について、よく考えてみましょう。こういった話し合いが出来るお二人はとても素敵なカップルです。当サイトはお二人の門出を祝福いたします。

指輪を選ぶポイント

婚約指輪を選ぶポイントは何でしょうか。初めて選ぶ二人の記念の品となることが多いかと思いますので、ポイントを決めて慎重に選びたいものです。

男性が選んで女性に贈ると言った場合は、彼女の好みがポイントでしょう。ブランド重視なのか、ブランドにこだわりがないのか、宝石にこだわりがあるかないかも重要です。デートの際、さりげなく聞いてみたり、服装や身に付けている宝飾品をチェックしても良いでしょう。そんな器用なことは出来ないと言う男性であれば、正直に聞いてみるのもお勧めです。

お二人で買いに行くというパターンも多いようです。この場合は女性の好みを直接聞けるのでわかりやすいでしょう。ただし、予算の都合があるかと思いますから、予算はあらかじめ伝えておく方が良いでしょう。正直な男性は女性にとっても良いパートナーですから、気にせずに予算は伝えた方が今後のためにベターです。それに、予算が分かっている方が選ぶ方としても楽なのです。まだ婚約の段階ですから、男性同様、女性も相手に気を使っていますから、その気持ちを察してあげるとより素敵なパートナーになれます。予算と好みのバランスをうまく調和させましょう。

一生に一度になる大きな買い物です。慎重に女性の好む素敵な指輪を買いましょう。お二人の幸せの第一歩になること間違いなしです。

婚約指輪の相場

婚約指輪は一般的に結婚指輪よりも高価であると言われています。というのも結婚指輪がプラチナ等、シンプルなものであるのに対して、婚約指輪はダイヤモンドが使われるなど、華やかなイメージがあるからです。それに、バブル時代には「給料の3ヶ月分」というキャッチコピーがありましたから、現在50代の親がいる20代の男性は親からそのように聞いているかもしれません。でも、それは昔の話ですから、今はまた、状況が変わっているようです。

2013年の調査では、婚約指輪の購入平均額は地域差が若干みられるものの全国平均額で約33万円となっています。30万円前後が相場というところでしょうか。ブライダル専門店のジュエリー売り場に行けば、それなりのものはそろっているでしょう。但し、必ずしも平均金額にこだわらなくても良いでしょう。予算は二人に見合ったものを決めましょう。今後の生活もあるでしょうから、無理をすることはないのです。事実、ダイヤモンドにはこだわらないと言う人が増えているようですから、お二人でよく話し合って見合った金額のものを選んで買うようにしましょう。買いに行く際は、お店の人にこのくらいの予算でと伝えれば、見合ったものをいくつかだしてくれるでしょうから、そこから気に入ったものを見つけましょう。お金より愛が大事です。

婚約指輪とは

婚約指輪は結婚の約束をした時、基本的に男性から女性に贈る指輪です。婚約が成立した証(あかし)とも言われています。

この習慣は欧米諸国からの影響のようです。この習慣は古く古代ローマ時代から、あったようで男性からのとぎれることのない保護を意味するものと言われています。指輪が丸くなっているのも、とぎれることのないという事を意味しているようです。また、婚約指輪は魔除けになるとも言われてきました。16世紀エリザベス1世の時代のイギリスでは、婚約指輪は右手にはめ、結婚式になったら左手にはめ直したそうです。このことから、その時代は婚約指輪も結婚指輪も同一だったと思われます。

婚約指輪に使われる宝石は欧米諸国では古くから、ダイヤ、サファイヤ、ルビー、エメラルド等の誕生石でした。こういった宝石を贈る習慣は古くからあったようで、魔除けになり、幸運をもたらすというヨーロッパの言い伝えが信じられてきたためではないかと言われています。現在の日本ではダイヤモンドの婚約指輪が人気です。ダイヤモンドは宝石の中では一番透明度が高くて硬く、愛の固さを意味しているのではないかと言われています。

婚約指輪は、プロポーズの後に男性から女性に贈ると言う習慣が現在の日本に定着しているようで、プロポーズ後にお二人そろって買いに行くと言うケースもよくあるようです。いずれにしましても、お給料の何か月分とも言われる高価なものですから、慎重に大切に選びたいものです。前述しましたようにダイヤモンドが定番ですが、最近はパールや誕生石等も好まれるようです。当サイトはこういった婚約指輪購入をお考えの方にお役に立つよう、婚約指輪の相場、選ぶポイント、婚約指輪のメリットについてお伝え致します。ご参考になさって下さい。